2006年04月14日

シヴァ

dk-03.jpg

 シヴァはヴィシュヌ、ブラフマーと並ぶインド神話の三大神の一つ。現在のヒンドゥー信仰では、ヴィシュヌ派とシヴァ派が主流を成している。
 どの神がより根源的な神かは、一概には決めることが出来ない。まるでジャンケンのように、それぞれの優位を表現する神話が存在する。三神一体として統合し、創造(ブラフマー)・維持(ヴィシュヌ)・破壊(シヴァ)に分担する考え方もある。

 中でもシヴァは荒々しいキャラクターを持ち、破壊と恩恵を司る神として崇拝されている。
続きを読む
posted by 九郎 at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 大黒 | 更新情報をチェックする