2006年07月14日

カテゴリ「沖縄」参考図書3

 これまで岡本太郎、小林よしのりと、本土人から見た沖縄論を紹介してきたが、今度は沖縄人自身による沖縄論を二冊紹介してみよう。



●「沖縄 時間がゆったり流れる島」宮里千里(光文社新書)
 とても楽しい本だ。
 本土人が思う沖縄の「不思議」を巧みにすくい上げ、沖縄愛に溢れるユーモラスな語り口で一つ一つ解き明かしていく。

・沖縄の新聞には何故「死亡広告」が満載なのか?
・沖縄には何故「並ぶ文化」が存在しないのか?
・沖縄の結婚披露宴は台風直撃の方が出席率が高い?

 などなど。
 何度も笑いながら読み進めるうちに、本土人である私の方まで愛すべき沖縄の皆さんに「身内意識」のようなものを抱いてしまう一冊だ。

 笑いばかりでなく、感動的な部分もある。
 続きを読む
posted by 九郎 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | 更新情報をチェックする