2006年09月02日

カテゴリ「友ヶ島」

tomo-01.jpg

 大阪湾の南、淡路島と紀伊半島の間を流れる紀淡海峡の真ん中に、その無人島は浮かんでいる。ちょうど135°の子午線上にあり、日本標準時を示す明石の真南にもあたる。
 島の名は「友ヶ島(ともがしま)」
 上掲地図は分りやすく表記するために友ヶ島をかなり大きめに表現してあるが、実際は日本全図で見ると「・」にしか見えないような小さな小さな島だ。
 友ヶ島は、沖ノ島・地ノ島と、沖ノ島に付随する虎島・神島の四島の総称だ。太平洋から大阪湾に入る要所であり、紀州加太から淡路島に渡る中継地点、近現代には旧日本軍の基地の島でもあった。また、修験道の葛城二十八宿のスタート地点にあたり、数々の神話に彩られた神の島でもあった。
 このカテゴリ「友ヶ島」では、この島の神話的風景を、絵とカタリ、現地レポートも交えて紹介していきたいと思う。

 しばらくのお付き合いを。
posted by 九郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 友ヶ島 | 更新情報をチェックする