2006年09月04日

友ヶ島年代記1 オノゴロ島

 宇宙の始まりの天の神々は、イザナギ・イザナミの男女二柱の神に「この漂える国を修理固成せよ」と詔りて、天の沼矛(アメノヌボコ)という神聖な矛を授けた。
 イザナギ・イザナミは天の浮橋に立ち、天の沼矛を差し下ろし、潮コヲロコヲロとかき鳴らして引き上げた。すると矛の先から滴り落ちる塩が積み重なって島となった。
 これが淤能碁呂(オノゴロ)島である。
 イザナギ・イザナミはオノゴロ島に降り立って、国生みを始める。最初に生まれた蛭子(ヒルコ)と次に生まれた淡嶋(アワシマ)は不完全な子だったのでそのまま流された。
 二神が再度国を生みなおすと、淡路島をはじめ、日本の国土となる大八州(オオヤシマ)が次々と生み出された…

tomo-02.jpg

 オノゴロ島がどこにあるのか、諸説わかれる。
 続きを読む
posted by 九郎 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 友ヶ島 | 更新情報をチェックする