2006年10月13日

つ、つ、つきよだ

season-13.jpg

 あれは何年前のことだっただろうか?
 季節は秋、月夜のことだった。
 帰り道に川沿いの公園を通りかかった時のこと、前方にトコトコ動く影が見えた。犬よりは丸く、猫よりはかたい。
 タヌキだ。
 当時住んでいたのは山の麓にある都市部で、住宅地でもたまにこうした野生動物を見かけたものだ。
 私がかまわず前進すると、その分タヌキはトコトコと遠ざかり、こちらを振り向く。また前進すると、またトコトコ遠ざかってから振り向く。
 はじめはそのタヌキをどうこうするつもりはなかったが、そういう態度をとられると、ついついかまいたくなってきてしまう。
 足を速めてタヌキに迫ってみた。
 タヌキはキョロキョロしながら、公園の歩道から外れて緑の中に入り、また振り返る。
 私はすっかり意地悪な気分になって、さらに追い込みをかけた。
 タヌキは慌てて植え込みの中に消えていった。

 軽い遊びに満足した私がふと足元に気付いてみると、そこには犬の糞がゴロゴロ転がっていた。

 もしかして、ばかされた?
posted by 九郎 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする