2006年11月02日

地の力

jizo-15.jpg

 春に芽吹いた木の葉が夏までに大きく育ち、華やかな秋の紅葉を経て地面に還る。
 堆積した落葉は腐葉土になって、次の春から始まる成長の素になる。
 腐葉土はゆりかごになって、土中に様々な生物を養う。
 養われたミミズや幼虫たちは「地の力」の蓄積に貢献する。

 南無地蔵菩薩
 
posted by 九郎 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵 | 更新情報をチェックする