2006年12月24日

サンタクロース

 本日は12月24日、クリスマス・イブ。
 ということで、季節物のネタを一つ。
 久々にカテゴリ「大黒」をアップしてみることにした。

 このブログで原風景として幼い頃の記憶を追っているうちに、大工であった母方の祖父宅の数多くの木彫りの中に、「サンタクロース」があったことを思い出した。
 袋をかつぎ、赤い服を着たおじいさんの像の記憶。
 確かにそんな木像があったはずだ…

 そこまで思い出して、ふと疑問が生じた。

 「あれは本当にサンタクロースだったのだろうか?」

 袋をかついだおじいさんの木像と言えば、(今にして思えば)七福神の大黒様が浮かぶ。木像の題材としては、サンタよりむしろ大黒様のほうがふさわしい。

 もしかしたら私が今までサンタだと記憶していた木像は、大黒様だったのではないか?
 大黒像を見た幼い頃の私が、子供なりに「サンタだ」と判断してそのまま記憶してしまっていたのではないか?

 はたしてあの木像はサンタのような大黒だったのか、大黒のようなサンタだったのか…
 一度疑問に思い始めると気になって仕方がなくなり、親元に帰った折に確かめてみることにした。さいわい親元には祖父の没後に引き取った、件の木像の現物があった。
 以下に写真をアップしてみよう。
 真相は如何に!
 続きを読む
posted by 九郎 at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 大黒 | 更新情報をチェックする