2007年05月21日

五帝五龍王5

【黄帝黄龍王】
 中央の宮で盤牛大王と第五の妻の間に生まれたのが黄帝黄龍王である。大王はこの息子に、四季の間の土用七十二日間を支配させた。黄帝黄龍王は堅牢大神と結ばれ、四十八人の王子を生み出した。

kin-16.jpg


 このカテゴリ「金烏玉兎」の参考文献、「安倍晴明占術大全」には、黄帝黄龍王について別種の物語も紹介されている。
 それによると、盤牛大王が東西南北の四龍王に続き、最後に生み出したのは天門玉女という待望の女子だった。天門玉女は黄帝黄龍王となり、堅牢大地神と結ばれて四十八人の王子を生み出した。しかし既に四季は四龍王の支配下にあり、黄帝黄龍王と四十八王子の治めるべき余地は無かった。
 そこで四十八王子は他の四龍王に戦いを挑み、激しい戦争が繰り広げられることになった。両陣営は互いに傷ついたため、話し合いによって各季節から十八日ずつを黄帝黄龍王に分け与えることになった。
 こうして四季の変わり目の「土用」合計七十二日が定まったのである。

 中央を支配する黄帝黄龍王が、実は女神であるという設定は、おそらくアマテラスの国・日本なればこそ成立した異説だろう。
 盤牛大王(盤古、万古など)の五人目の子供が特殊な生まれ方をしたために、他の四人の王子と争いが起こる構図は、金烏玉兎の創世神話2で紹介した「備中五行神楽」とも共通している。
 天地の空間の創造神・盤牛と五人の子供たち。その争いと和解により、時間の秩序である暦法の構図が完成することになるのは興味深い。
posted by 九郎 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 金烏玉兎 | 更新情報をチェックする