2007年06月27日

どろのうみ11

drro-12.jpg


やがてメザルは、男五人女五人の十人ずつ子供を産みました。
カメの力もはたらいて、その子供らは人間でした。
この子らも五分から生まれ、五分五分と育ってやがて八寸になりました。

長い間、泥海の中を眺めていた月と太陽は喜びました。
何度も何度も、死に絶えては生まれ変わる生き物たちは、だんだん心がかたまり、強くなっていきます。
それがうれしくてならなかったのです。

月と太陽のふわふわうれしい気持ち。
メザルのかたく強い心。

すると泥海がとろりと揺れました。
とっぷりとっぷり波打って、だんだん高い所と低い所が出来てきました。
posted by 九郎 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 泥海 | 更新情報をチェックする