2007年09月30日

太陽と月を喰う悪魔

 須弥山のことを調べているうちに、色々関連事項についても勉強できた。
 須弥山宇宙観には、人や神々や星、阿修羅の住まう位置が、一応全て含まれており、インド起源の古い神話はそうした位置関係を下敷きにしている。
 その中にでも話題になった、「月を喰う悪魔」のお話がある。細部には諸説あるが、概容を紹介してみよう。

season-29.jpg


 昔、不老不死の霊薬「アムリタ」を盗んだ阿修羅がいた。
 太陽と月がそのことをヴィシュヌに告げ口すると、ヴィシュヌは阿修羅の首を切った。
 しかし阿修羅はアムリタを飲んでいたので、首と胴体はそれぞれラーフとケートゥという星となった。
 ラーフは太陽と月を憎んで追い回すようになり、時に飲み込むこともあるという。これが日蝕・月蝕である。
 しかしラーフには胴体が無いので、飲み込まれた太陽と月はすぐに現われてしまうのだ……
posted by 九郎 at 14:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 季節の便り | 更新情報をチェックする