2008年08月04日

こわいながらもとおりゃんせ

 カテゴリ「あの世」を開始した当初から、「どこまで行くか」で迷っていた。とりあえず「中陰」の期間ならなんとか自分なりに納得したものが描けそうなので見切り発車した。
 何を迷っていたかというと、地獄絵を描くかどうかだ。
 あまり残虐なものは描きたくないが、かといって半端なものならはじめから描かない方がいい。
 ただ、ここまで「抽象風の絵柄」を描き続けてきて、なんとかバランスをとりながら乗り切れそうな感触があったので、もうしばらく続けてみる気になった。
 しばらく充電してから、お盆明け頃に「地獄ツアー」を開始してみたいと思う。
 さてどこまで降りていけることか。

ano11.jpg
posted by 九郎 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | あの世 | 更新情報をチェックする