2008年09月25日

赤鉛筆

 子供の頃、筆箱には赤鉛筆が入っていた。
 小学校の授業中、答え合わせをするときに使うためだ。
 ある時期から、「赤鉛筆」と「色鉛筆の赤」が違う色であることに気付き、そのことが気になって仕方がなかった。
 色鉛筆の「赤」は、オーソドックスな赤で、「赤鉛筆」は朱が入った赤。なぜなんだろうと、ずっと考えていた。
 今もってその答えは知らない。

 そして赤鉛筆の色は、秋に咲くヒガンバナの色によく似て見えた。
 実際にヒガンバナの色を観察してみると、「赤鉛筆」の色とは違ってやや沈んだ赤であることが多いのだが、秋の日差しを浴びた風景の中で眺めると、朱がかって見える。

 逆にF1のフェラーリの赤は、実際の塗料は明るく朱がかって赤鉛筆に近い色なのだが、屋外の風景の中で見ると落ち着いた赤に見える。



 そんなことをあれこれ考えながら、赤鉛筆で一枚スケッチ。

season-43.jpg
posted by 九郎 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする