2010年06月09日

VC与太話

 六月に入り、ようやく私の花粉症も一段落した。
 毎年4〜5月の花粉症の時期には、ビタミンCの大量(1日10gほど)摂取で乗り切ってきて、そのことは何度か記事でも書いてきた。
 ビタミンCを大量摂取する健康法は、私の敬愛するある作家が著書の中で紹介していたのを見て知った。さらにその作家のサイトで花粉症にも効くらしいことを知り、実践するようになった。
 いわゆる「メガビタミン健康法」は、いまだ一般的な健康法になってはおらず、否定的な意見もけっこうある。
 どのような健康法・療法にも様々な意見はあり、何を選択するかは個人の考え方や「縁」による、とはかの作家の言だ。
 医療に関する詳しい説明は、一介の神仏絵描きである私の任ではないだろうが、メガビタミンを提唱したライナス・ポーリング博士について検索してみれば、それなりに信頼が置ける健康法であることは理解していただけると思う。
 関連する書籍も紹介しておこう。



●「ポーリング博士のビタミンC健康法」ライナス ポーリング(平凡社ライブラリー)
●「ビタミンCがガン細胞を殺す」柳澤厚生(角川SSC新書)


 さてここからは私の阿呆な与太話。
 各自それぞれに体質があり、健康法・療法に合う・合わないはあるだろうが、私個人の体感としては、花粉症対策のメガビタミン健康法は物凄く良く効き、目立ったマイナス(副作用など)は存在しない。
 以下に良い点をまとめてみよう。

・花粉症に即効性がある。VCを服用すれば目のかゆみ等がぴたりと収まる。
・副作用は全くない。
・摂取中、風邪やインフルエンザ等にはまったく罹らない。
・健康法・療法としては安上がりである。私の場合は4〜5月の大量摂取時でも月額4000円弱。

 念のため欠点(というほどのものでもないが)も挙げておこう。

・急激にVC摂取量を増やすと下痢気味になることはある。徐々に増やして体を慣れさせれば通常に戻り、むしろ便秘知らずになる。
・オナラはよく出る。
・すっぱい。

 これぐらいだろうか。

 最後の「すっぱい」という項目についてもう少し書いてみる。
 VCの大量摂取は、それ自体に副作用は無いのだが、注意すべきは摂取方法だ。サプリメントとして販売されているVCには、他に混ぜ物があるものが多い。VC自体に問題がなくても、他のものまで一緒に大量摂取することは絶対に避けた方がいい。そのためにはカプセルやタブレットはやめておき、VC原末で購入しなければならない。
 購入したVC原末を必要量ミネラルウオーターに溶かし、小型のペットボトルで携帯して随時飲むのが私のスタイルだ。
 味はとにかくすっぱい!
 レモンからすっぱい要素だけ抽出したような味に、最初はびっくりするかもしれない(笑)
 しかしまあ、人間何にでも慣れるもので、すぐに大丈夫になる。
 私は唐揚げの類にレモン汁代わりに原末を振りかけて食ったりすることもあるが、さすがにこういう気違いじみた行為は初心者にお勧めできない。上級者向きの荒業というべきだろう。
 くれぐれも良い子は真似しないように!


 私の阿呆な文章で紹介すると如何にも胡散臭く見えるかもしれないが、メガビタミンはごくまっとうなものだ(本当)
 関心のある人は上掲参考書籍を一度手にとって見てほしい。


 あとは自己責任で夜露死苦!
posted by 九郎 at 11:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 身体との対話 | 更新情報をチェックする