2010年12月09日

落ち葉拾い1

at10-01.jpg


 紅葉の季節も過ぎようとしている。
 名所巡りをする余裕はとてもなかったが、街を歩いていれば様々な樹の葉を眺められる。

at10-03.jpg


 視界いっぱいの彩りは、名所にでも行かなければ中々巡り合えないが、樹一本、枝一本、壁一面など、ピンポイントに注目すれば、どこでも紅葉は美しい。

at10-02.jpg


 その気になれば、葉の一枚一枚でも十分楽しめる。

at10-04.jpg


 足もとの落ち葉がものすごく綺麗に見えて、ふと拾ってみたくなる。

at10-05.jpg


 子どもの頃、落ち葉拾いは理屈抜きで楽しかった。
 少し成長すると、リアリズムがわかってきて「葉っぱ拾っても意味ない」と分かってくる。
 屋外であんなに輝いて見えた落ち葉も、もちかえってみれば意外とくすんで見えたりするし、どうせ捨てなければならないし。
 それでもやっぱり落ち葉拾いは楽しい。
 綺麗なものを一心に探して、拾い集めるという時点で、もう完結している。
 拾った後、どういう意味も無いとわかっていても、それはまた別問題だ。

 遅ればせながら最近やっと、大人の落ち葉拾いに辿りついた。
posted by 九郎 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする