2011年09月08日

かの山は崩れ、かの川は溢る

 先日の台風により、紀伊半島南部の「熊野」全域で甚大な被害が出たようだ。
 大好きだった熊野本宮旧社地「大斎原」は冠水。
 那智大社は社殿が土砂に埋まり、滝の一部が崩落。
 新宮市は全域で冠水被害。
 熊野三山が軒並み被害を受けている。
 天災は起こるときには起きるので仕方がないのだが、人災が天災の被害を拡大することはあるので、そこは注意しなければならない。
 私は天災を安易に神仏の意思と結び付けるのは嫌いなのだが、昔熊野本宮の社殿をおし流した明治の大水害のように、山の木を切り倒し過ぎたことが原因とされている場合もある。
 そこに「神意」を感ずるのは、あり得ることだと思っている。
 今回の水害についても、続報を注意深く聴いていきたい。

 90年代初頭から何度も足を運んだ風景の、無残に崩れ落ちた映像がTVから流れてくる。
 ここ数年出かけられていないのだが、私はかつて8月から9月にかけて、よく熊野の山野を遍路していた。
 まだ現在進行形で不安な生活を送っている現地の皆さんが、なるべく早く落ち着いた生活に戻られますように。
 そして自然と人が創り上げた信仰の空間が、また蘇りますように。


 以前描いた那智の瀧をモチーフにした一枚。

kumano-12.jpg
posted by 九郎 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 熊野 | 更新情報をチェックする