2011年12月11日

蝕4

 今夜は見事な皆既月蝕が見られた。
 雲一つない、澄み切った冬の夜空にぽっかり浮かぶ満月が、約一時間ほどかけて悪魔に喰われていく様を眺めることができた。

season-115.jpg


 晴れ渡った夜空なので完全な「蝕」の状態になっても月は消えなかった。
 ドロンと赤黒い月の影が、そのまま夜空に浮かんでいた。

 土曜の夜で、日付をまたがない時間帯のこと、都市部には人通りがけっこうあったが、夜空を見上げる人にはさほど出くわさなかった。
 もし、もっと夜が暗い地域なら、輝く満月が小一時間ほどで欠けていけば、辺りの明るさが全く違ってくるので、気付いて上を見上げる人も多かったことだろう。
 都会の夜は明るすぎるので、月の明るさは道行く人にほとんど影響を及ぼさない。
 私も事前に情報が無ければ、気付けたかどうかわからない。

 都会の夜はもっと暗くていい。
 前からぼんやり思っていたが、とくに今年は強く感じるようになった。
 別に各種店舗を夜になったら閉じろとは言わないし、街灯も灯っていていいが、夜空の暗さ、月星の輝きを邪魔しない程度にする方法はいくらでもある。
 それが結果として省エネにつながればなお良い。


【関連記事】

蝕2
蝕3
太陽と月を喰う悪魔
天の乗物 太陽と月
日蝕の島
posted by 九郎 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする