2013年11月19日

MD卒業、その後

 一年前、遅ればせながらMD卒業という記事を書いた。
 その記事で以下の商品を紹介した責任上、以後の顛末も書いておきたい。


●8G タッチパネルMP4プレーヤーYTOM5007

 結論から言うと、ネットでの噂通り耐久性に難ありだった。
 機能は豊富で音質的にも問題なく、気に入って使っていたのだが、購入から一年、ちょうど保証期限が過ぎたあとのタイミングで、イヤホンジャックに接触不良が出た。
 出先で大雨に降られ、物凄く多湿な環境においた直後のトラブルなので、それが原因かもしれないが、同時に持っていたガラケーとデジカメは無傷だった。
 全く聞こえないわけではないのだが、ある音域が出なくなり、音楽鑑賞には使えなくなってしまったのだ。
 その他の機能は全て生きている状態なので、捨てるに捨てられないのがまたもどかしい(苦笑)
 購入価格約5000円で一年間使えたと考えると、まあ「銭失い」というほどではないかとも思うが、正直ビミョーな買い物になってしまった。

 仕方なく、ウオークマンを買い直した。

●SONY ウォークマン Eシリーズ <メモリータイプ> 2GB NW-E062

 近所の家電量販店で在庫処分特価5000円。
 値段は同じだが、容量・機能ともに少なくなる。
 しかしまあ、腐ってもソニーなので耐久性は上掲のものより期待できるだろう。

 数ヵ月使用してみた所では、シンプル機能(画像も動画もタッチパネルもなし)で音質も高く、非常に使いやすい。
 とくに気に入ったのが、付属のイヤホン。
 私は耳の形が独特なのか、一昔前のイヤホンはポロポロ外れてばかりで、まともに使えた試しがなかった。
 仕方なく耳たぶに引っ掛けるタイプのものを別途購入して愛用していたのだが、このウオークマン付属のイヤホンは外れることなく使えて、ちょっと嬉しかった。
 別売りのケーブルを用意すれば、MD音源も(アナログを一回通すことにはなるが)録音して取り込むことができるようで、なるべくリーズナブルにMDからの完全卒業を果たすには、良い選択肢だと思う。
 前からなんとかしたいと思っていたカセットテープのデジタル化も、これで行けそうだ。

 はじめからこちらにしておけば良かったのだが、一年前なら特売はしていなかったしなあ。。。
posted by 九郎 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳覚書 | 更新情報をチェックする