2013年11月20日

遍路・防災・アウトドア その後

 このカテゴリ熊野では、防災やアウトドアに利用できるグッズについて色々紹介してきた。
 いくつかの商品について、一年間ほど使ってみた結果について報告しておく。

 まずは電池式LEDランタンから。

●「GENTOS LEDランタン エクスプローラー EX-431CW」(明るさ150ルーメン/連続点灯8時間)
●「GENTOS LEDランタン エクスプローラー EX-1977IS」(明るさ100ルーメン/連続点灯12時間)
●「GENTOS エクスプローラー EX-757MS」(明るさ150ルーメン/実用点灯20時間)

 上掲の三つを紹介し(詳しい紹介は上のリンクから)、私自身は最初のものを購入した。
 約半年間、数度のアウトドアで使用したが、まだはじめに入れた電池が保っている。
 使い方にもよるので一概には言えないが、防災目的に部屋にひとつ置いておいて損のない商品だと思う。
 というか、今amazonでは販売価格が1200円を切ってるじゃないですか!
 私は確か1800円ほどで買ったので、これはかなりお買い得です。

 次にキャリーカート

●かいだんのぼるくん(トリプルタイヤ/軽量アルミ製キャリーカート/背負子)

 事前に覚悟はしていたが、やはり車輪部分が華奢だった。
 まだ壊れてはいないが、基本的に平坦な舗装道路や規則的な段差で丁寧に使用するための商品だと思う。
 一度キャンプで使用したとき、地道や斜面ではけっこう危なっかしかったので、災害時に荒れた路面の使用には適さないかもしれない。
 普段丁寧に使う分には、特に問題は感じていないが、防災やアウトドアで酷使する場合には、素直に車輪が大きいタイプのものを選んだほうが良いだろう。
 カートと背負子を兼ねた商品がこれ以外になかなか見つからないので、私自身は割合満足している。

 最後は登山杖について

●キャプテンスタッグ トレッキングステッキ M-9842

 お値段きわめて安く、それなりに軽量、それなりにコンパクトな本品、気に入って度々使っていたのだが、結果は「紛失」。
 登山杖ではよくあることなので諦めるしかない。。。
 もう一度同じものを買うか、違うものを試してみるか、現在思案中。
 モノは良かったです。
 
 今回はこのくらいで。