2014年03月29日

マンガ表現の近未来「電脳マヴォ」

 kindleでの読書を続けている。
 amazonで提供される、著作権の切れた青空文庫の無料本や、既に所蔵していたPDF書籍が中心だが、マンガももちろん読んでいる。
 よく読んでいるのが、以前からずっとチェックしていた編集家・竹熊健太郎さんが主催するweb雑誌「電脳マヴォ」掲載のマンガだ。
 竹熊健太郎さんは1989年からスピリッツで連載されていた「サルでも描けるまんが教室」(略称「サルまん」)が代表作で、近年はマンガの近未来について極めて刺激的な発言を連発している。
 主な著作は以下の通り。


●「サルまん サルでも描けるまんが教室 21世紀愛蔵版 上下巻」相原コージ/竹熊健太郎(BIG SPIRITS COMICS)


●「私とハルマゲドン」竹熊健太郎 (ちくま文庫)
●「篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝」竹熊健太郎(河出文庫)

 余談になるが、実は竹熊健太郎さんとはほんのわずかながら縁がある。
 2007年に月刊IKKIで短期間連載されていた続編「さるマン2.0」で、気持ち悪くてかわいいキャラクター(略称きもかわ)のデザイン募集をしていたことがあり、私の応募作も作中で紹介していただいたことがあるのだ。
 昔大好きだったマンガの続編に、一コマだけではあるけれども関与できたことにちょっと感動してしまったことを覚えている。

 その当時からずっとご活躍を追っていたのだが、最近の「電脳マヴォ」掲載作のレベルの高さ、竹熊さんの発言の過激さ、ぶっちゃけぶりには目を見張るものがある。
 一旦覚悟を決めた人間のパワーは底知れないのだ。
 マンガ好きの皆さんはぜひ一度、「マヴォ」や竹熊さんのtwitter、サイトをのぞいてみてほしい。
 ビッグネームの極上の異色短編や、新人の実験作など、いわゆる「売れ線」とは全く違った強烈な価値観に触れる絶好の機会になると思う。

 電脳マヴォ
 竹熊健太郎twitter
 たけくまメモMANIAX

 とくに、往年の「サルまん」ファンは必見である。
 何しろ、つい先ごろtwitter上で竹熊さんご本人が「マヴォはサルまん3.0である」という主旨の宣言を行っていたのだから。


 kindleという端末でマンガ読書を重ねてみて、個人的に感じたことを少しまとめておきたい。
 
 まずは端末のサイズについて。
 文字の本を読むだけならばスマホも十分使えるのだろうけれども、「絵を楽しむ」という要素があるマンガ読書には、やはり最低でも7インチの画面が必要だと感じる。
 このサイズがあれば、だいたい文庫本1ページがおさまる程度の面積が確保されているので、あちこちスクロールする必要がなく、既存の作品を読むのにもストレスが少ない。
 ただ、見開きページを一目で見るには、この画面サイズでも文字が判読できないほど縮小せざるを得ない。
 通常のマンガ本や雑誌面と同様、2ページを一気に表示させるにはそれなりの面積の画面が必要になるが、その場合は移動中でも手軽に開ける「携帯端末」という範疇からははずれる。
 「紙の本」の斜陽がいよいよ顕在化してきた昨今、今後のマンガはスマホや小型タブレットなどの携帯読書端末で閲覧しやすい形に傾斜していくのではないだろうか。
 そうなるといくつかの点でマンガの作画作法に変化が生じる可能性が高い。

 これまでのマンガ表現の主流は、B5サイズの雑誌に安価な紙質と印刷で掲載し、後に単行本にまとめられることを前提にしてきた。
 画面作りは基本的には「B5サイズでの印刷」向けになっており、それを元に原稿サイズや描き込みの度合いも進化してきた。
 日本のマンガの質的なピークであったと思われる70年代、コマ割りは4段組が基本だった。
 その後、絵柄の流行が写実的になり、作画密度が高くなってくると、3段組が主流になった。
 今の時点で携帯読書端末に表示させてみると、4段組時代の作品は、さすがに絵も字も小さすぎて読みにくい。
 現在主流の3弾組作品でも、細かな線による描き込みや、緻密なスクリーントーンによる表現は、意外と見づらい。
 線による描き込みやスクリーントーンは、紙に印刷したときにハーフトーン(グレー)を美しく出すことを前提にした手法だが、液晶画面との相性は今ひとつだ。
 また、web作品を閲覧する場合、数十巻に及ぶような長編作品は、掲載も閲覧も難しい。
 せいぜい数十ページまでの短編や、最大でも単行本一冊程度までがストレスなく読むことのできる「ほどよい長さ」ということになると思う。

 日本のマンガが主にモノクロであることや、数十巻に及ぶ大長編作が多いことも、全て「安価な印刷の紙の本」という大前提があってこそだ。
 もっと言えば、「ページ」という概念そのものが「印刷された紙の本」を前提にしている。
 web配信して液晶画面で見るだけで完結し、間に「紙への印刷」を挟まないならば、モノクロである必要はないし、全く違った原稿作りの作法が生まれてくるだろう。

 web配信と紙の本への移行を両立させるなら、だいたい以下のような形に落ち着くのではないだろうか。
●原稿は基本的に3段組で、見開きは多用しない。
●線やトーンによる描写はなるべくシンプルに。カラーでもOK。
●短編がベター。長くても単行本一冊〜数冊程度。

 既存の作品でイメージするなら、ちょうど貸本マンガ時代の段組や作画密度が適当になってくるかもしれない。

 また、以下の点も将来的には重要になってくるかもしれない。

●翻訳して海外への配信も視野に入れるなら、「横書き、左開き」で最初から制作する。


 以上、現時点での覚書として残しておく。
posted by 九郎 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳覚書 | 更新情報をチェックする