2014年03月31日

久々にやってもた!

 例の腹痛である。
 軽めのものは何度かあったが、これほど酷いのは約3年ぶりだ。
 このタイプの腹痛は、過去にもう何度も何度も繰り返してきている。
 要するに季節の変わり目等で疲労やストレスが重なると、身体の免疫力が低下して、普段抑えられている胃腸の細菌やウイルスが暴れだすということだ。
 睡眠を確保すればほぼ大丈夫とわかっているので、そこそこ気をつけて回避できるようにはなってきていたのだが、今回はまったく前触れなく激しい症状が出たので驚いた。
 朝食事は何ともなかったのだが、食後急激に腹痛が出て嘔吐を繰り返し、あとは坂道を転がり落ちるように体調が悪化して脱水症状になった。
 夕方頃なんとか動けるようになったので、近所の病院で点滴を打ってもらって事なきを得た。
 普段ほとんど医者に行かず、薬も使わないので、たまに使うとよく効く。
 
 まあ、振り返ってみると「ダウンするには今日しかない」というタイミングだったことが、なんとも私らしい。
 前後一日ずれただけでまずかったのだから、自分の身体の「けっこう空気を読む」体質に感謝し、せいぜいいたわらなければならない。
 色々シフトが変わり、ストレスや疲労の溜まりやすい年度初めは、生真面目で完全主義な人間ほど、意識的に「のらくら」過ごすことが肝要だ。


 花粉症はびっくりするほど軽く済んでいる。
 例年3月末〜4月上旬と言えば「地獄」と言っても過言ではなく、VCの大量摂取が欠かせなかったのだが、今年は軽めの症状が出ているものの、対処が必要なレベルではない。
 私史上最悪だった昨年より飛散量自体が少ないということもあるだろうけれども、私の花粉症歴二十年ほどの間にこれほど軽く済んでいるのは初めてだ。
 この程度で済むなら、「ついに花粉症克服!」と言っても差し支えないだろう。

 考えられるのは、この一年弱続けている、ゆるめの糖質制限が効いているのではないかということだ。
 体重の方は減量開始から約9キロ減。
 目標は一年で10キロ減らし、二十代前半の体重に戻すこと。
 後一カ月で1キロなので、なんとかクリアーできそうだが、さすがに中々減らなくなってきた(笑)
 何かを我慢するタイプのダイエットではなく、食習慣自体を変えてしまう手法なので、のんびり構えていればあと3〜4キロほど落ちて体重が定着するのではないかと思う。
 そうなるとほぼ高校生の頃の体重になる。

 まあ、ともかくあと1キロ。
 あとはのんびりこのままの食習慣で。
posted by 九郎 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体との対話 | 更新情報をチェックする