2014年04月02日

言うてるそばから……

 またやってもた!

 今度は腰痛である。
 3月末日に何年ぶりかのそれはそれは酷い腹痛があった。
 ほとんど行かない医者に久々に顔を出してなんとか事なきを得たのだが、明けて昨日の4月1日。
 朝の仕度をしていてくしゃみをしたとき、腰に違和感。
 もう瞬間的にわかった。
「ああ、やってもたなあ……」
 ごくごく軽めのぎっくり腰である。
 幸い本当に軽く済んで、日常の立ち居振る舞いに支障はない。
 寝転んだり座った姿勢から立ち上がる時に少々痛んだり、階段の上り下りが多少しんどくなる程度。
 これならばまず問題無し。

 ただ、軽めの腰痛はなまじ動けるばかりに「休まない、休めない」ので、だらだら長引くことがある。
 意識的に休めるときに休むことを心がけなければならない。
 腰痛の対処にも色々説がある。
 温めるとか冷やすとか、動かさないとか軽い運動をするとか、人によって勧める対処法は様々で、下手すると正反対である。
 私の場合は、圧倒的に「温め、動かさない」派だ。
 なるべく動かさず、動く場合も負担をかけない。
 外出する時には登山杖を持ち歩く。
 熱めの風呂に入る。
 貼るカイロで温める。
 ちゃんとケアした方が、結果的には早く快癒する。

 今回の腰痛の原因を分析しておこう。
 後付けになるが、同じ失敗をしないように。
 直接的には「朝くしゃみをした」ことがきっかけの腰痛だが、それは結果としてそうなっただけで、様々な遠因があってのことだ。
 単なるくしゃみは避けようがない。

 前日の腹痛の時に何度も嘔吐したことで、腰や背中に無理な力がかかっていたことが、まず一番大きな原因だろう。
 あと、就寝時の掛け布団がちょっと薄かったかもしれない。
 気温変化が激しい時期は、意識的に厚めの掛け布団にしないと、朝方に腰が冷えやすい。
 この一年でかなり減量したので体脂肪が減り、気温変化に敏感になっていることも忘れないようにしなければならない。

 年度初めで慌ただしいが、強い意志を持ってのらくら休むのだ!
posted by 九郎 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体との対話 | 更新情報をチェックする