2015年01月20日

語る言葉が見つからない

 SF作家・平井和正先生が、1月17日にお亡くなりになっていたことを知った。
 76才。ここ数年、公式サイトでも動向が見えなくなっていたので、もしかしたら体調を崩されているのではないかと思っていた。

 ちょっと語る言葉が見つからない。
 私の生涯で、もっとも影響を受けた表現者である。
 年明け早々、生涯でもっとも多くを学んだ面受の師を喪った矢先の訃報だ。
 語る言葉が見つからない。

 もっとも敬愛する作家なのに、九年以上やっているこのブログで、直接記事にしたことはなかったと思う。
 あまりに思い入れが強すぎると、限りなく筆は重くなる。

 公式サイトの、今は閉鎖された画像掲示板に、十年以上前に投稿したイラストを再掲して追悼としたい。
 あの頃、私はCGに手を染め、絵描きとして再起動を図っていた。
 習作として好きな永井豪や平井和正のキャラクターを、手当たり次第に描きまくっていた。
 直接のやり取りはないものの、敬愛する作家の目に、たぶん触れるであろう場である。
 未熟なりに一生懸命だった。

「エイトマン」
rhk01.jpg


「地球樹の女神;四騎忍」
rhk02.jpg


「犬神明;Bee」
rhk03.jpg


「狼のレクイエム;犬神明」
rhk04.jpg


「幻魔大戦;光子と康夫」
rhk05.jpg


「ハルマゲドン;高鳥慶輔」
rhk06.jpg
posted by 九郎 at 00:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 神仏絵図覚書 | 更新情報をチェックする