2015年10月13日

長袖

 バタバタしてる間にもう十月も半ばか。
 書いておくべき記事もたまりっぱなしだが、とりあえず長袖に着替えた。
 
 子供の頃から薄着で通してきた。
 小学生の頃、真冬はさすがに上着を着ていたが、半ズボンが基本だった。
 母親が「私が着せてると思われる!」と悲鳴を上げていたが、太ももに網目模様を浮き立たせながらも半ズボンだった。

 大人になってからも一年のうち七ヶ月近くはTシャツだった。
 さすがに半ズボンは真夏だけになったが、町で自分以外の半袖シャツの人を見かけなくなるまで、だいたいTシャツで過ごすことが多かった。
 時期にすれば十月下旬。

 しかし、近年はいい加減歳くってきたので、半袖シャツは一年のうち6ヶ月程度に短縮した。
 十月の最初の週末頃、「そろそろ長袖でも引っ張り出すか」と、きわめてめんどくさそうに最低限の衣替えをするようになった。
 持病のぎっくり腰と胃腸炎を避けるためである。
 どちらも睡眠不足と冷えが引き金になりやすいことは、経験上わかってる。
 このところバタバタしていて睡眠時間が削られがちだったので、せめて暖かくしておかないと、あとでひどい目に遭うことになる。
 とくに胃腸炎はヤヴァいのである。
 前回はあやうく入院レベルになるところだった。
 
 自分の体調についてブログに記録するようになってから、多少の学習効果はあった。
 これで一年半ほど、どちらの持病も発症させずに済んでいる。
 
 普段、できるだけ薄着がいいというのは基本。
 ただ、何事もやり過ぎる性格なので、「ほどほどに」と念仏のように唱えつつ、年を取っていかねばならぬ。
posted by 九郎 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体との対話 | 更新情報をチェックする