2016年03月20日

持病、プチ復活

 3月に入ってから、少々花粉症が復活した。
 私のこれまでの花粉症歴をまとめると、以下のようになる。

・二十歳過ぎに発症。
・三十才前後で重症化。
・同じ頃、メガビタミンが対症療法として効くことに気づく。
・2年前、糖質制限で十数キロの減量に成功。
・因果関係ははっきりしないが、同時に花粉症が劇的に緩和。
・昨年、体重は維持したままで、花粉症もごく軽症。

 そして今年、重症だったころとは比べ物にならないが、眼のかゆみ、鼻づまりなどの症状が少し出た。
 我慢できないほどではないのだが、とくに夜間、睡眠に影響が出ると、その他の体調に波及しかねないので、ビタミンC摂取を再開している。
 風邪やインフルエンザ対策にもなるので、これはこれで悪くない。

 そして、3月はじめの花粉症が出始めた頃のこと。
 朝、洗いものをしているときに、くしゃみが出た。
 その瞬間、腰が「ピキッ」となって、少し痛めてしまった。
 ぎっくり腰というほどではないが、2〜3日辛かった。

 あらためて確認。
 昼夜の気温差が激しい時期は、腰に厳重注意!
 とくに朝!
 夜間冷えて固まった腰は、びっくりするほど簡単に痛めてしまうことがある。
 くしゃみや咳は、かならず手近な机等に手をついてやること!
 喩えは古いが、反省猿みたいな姿勢がいいのである。
posted by 九郎 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体との対話 | 更新情報をチェックする