2016年06月25日

緊急入院顛末記6

 術後三日目、入院四日目、そして発端となった胃腸炎発症からは七日目。
 週末、土曜日である。
 朝方の一回を最後に、下痢は治った模様。
 これは今までに何度も繰り返してきた胃腸炎で、ひとしきり体内の大掃除をしてから快方に向かうパターンそのままだ。
 大丈夫そうなのを確認してから、紙オムツを普通のパンツに履き替える。
 下着が通常仕様になると、だんだん復活してきている実感がわいてくる。

 体の方に多少の余裕が出てくると、色々欲求も芽生えてくる。
 入院してから入浴できていないことが気になり始める。
 私は昔から風呂好きなので、気になり始めるとこれがけっこう辛い。
 昨日一度、介助を受けながら体を拭いたが、だんだん動けるようになってきたので自力でやってみる。
「ああ〜〜銭湯行きて〜〜」
 とか思いながら、洗面所で顔を洗い、濡れタオルで頭髪から順に身体中拭きまくり、やっと人心地着く。
 退院後もしばらくはシャワーだけになるのだろう。
 湯船につかれるのはいつの日か?

 昨夜から食事が始まっているので、本日のテーマを「無理のない範囲で、なるべく食べる」に設定する。
 私のいつもの胃腸炎の対処法だと「食欲が湧かなければ無理には食べない」で、スポーツドリンク等でしのぎながら自然に食欲が戻るのを待つのだが、一旦入院してお医者さんのお世話になるからには、病院のやり方に合わせる。
 そもそも体育会系の発想に馴染みがあるので、この辺は素直に従う。
 
 一食ごとに、どのくらい食べられたか表に記入しなければならない。
 主食と副食でそれぞれ十点満点の点数をつける感じだ。
 私のこの日の成績は以下の通り。

・朝食 主食1 副食10
・昼食 主食5 副食10
・夕食 主食2 副食10
 
 半分以上食べられているようなら点滴を外してもらえるということなので、時間をたっぷりかけてなるべく食べる。
 普段けっこう早食いなので、自然に食べているとオーバーペースになり、吐き気が出そうになる。
 入院中は一口につき50回噛むことをノルマにして、休みながら食べる。
 ベッドで足を伸ばして座りながら食べると、手術跡に圧迫感があって苦しくなる。
 行儀は悪いけれども、一口含むごとに寝転んでゆっくり咀嚼する。
 一食ごとに小一時間かけるつもりで食べる。
 私の個人的な体感で言えば、お粥というものは、普通のご飯よりはましだろうけれども、さほど消化に良くはない。
 よく噛んで、飲み物や他のものを挟みながらでないと、胃にもたれやすい。
 自然に副食中心になってくるが、主食も食べられる範囲で食べておく。
 このペースで食べられるようなら、明日は点滴を抜いて、週明け退院の見通しを立ててもらった。

 私の病室のある十階は、主に循環器系の患者さんが入院している階だった。
 動く訓練のために廊下を周回していると、壁面にダイエットや血糖値コントロールの手法のひとつとして、糖質制限の特集が掲示されていた。
 私は三年ほど前からゆるめの糖質制限を実践していて、十数キロの減量に成功し、リバウンドなしで体重管理ができている。

 糖質制限関連記事まとめ

 糖質制限にはいまだ賛否があるけれども、地元の市民病院で紹介される程に広まってきているのだなと、ちょっと驚いた。
 薬に頼らない糖尿病治療法として、今後ますますスタンダードになっていくのだろうなと思った。
 
posted by 九郎 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体との対話 | 更新情報をチェックする