2018年04月02日

2018年4月の体調管理

 3月中はやっぱり花粉の症状が出て、VCのお世話になった。
 もっとも重篤だった頃と比べると遥かにマシだが、対処が必要なレベルではあった。

 今年なんとなく気付いたのは、スギとヒノキで症状に差が出ているのではないかと言うこと。
●スギ・・・・主に目の痒み
●ヒノキ・・・主に鼻のムズムズ
 まあ、このあたりは個人差がありそうだ。

 この一週間ほどが症状のピークだったような気がする。
 そろそろ終息してほしいところ。

 そう言えば3月中、学生の頃お世話になった彫塑の先生が退官されるということで、記念の会合があった。
 学年の近い皆さん(とくにおっさん連中)とも再会してちょっと笑ってしまったのが、私も含めてみんな文書を読むシーンになると老眼鏡が必要になっていて、おまけに必ず「あれ? 眼鏡どこ行ったかいな?」と一ボケ入ることだった。。。

 年月は確実に流れております。
 下り坂の身体と折り合いを付けながら、ぼちぼち歩いてゆかねばなりません。
 ストレスと雑事の多い年度初め、努めて手を抜きのらくらと、明日できることは明日に回して乗り切って行きましょう!
posted by 九郎 at 22:27| Comment(0) | 身体との対話 | 更新情報をチェックする