2018年06月23日

登川誠仁/照屋林助「ハウリング・ウルフ」

 本日6月23日は沖縄慰霊の日。
 沖縄では公休日で、ヤマトの方でも報道で大きく扱われるようになった。
 ヤマトの人間ではあるけれども、沖縄好きで思い入れのある一人として、何か記事を書いてみたいと思った。
 当ブログでは開設最初期からカテゴリを設け、ごく狭い範囲ながら私が見聞きした沖縄について語ってきた。

 カテゴリ「沖縄」

 90年代、バイト先で一人の師匠と出会い、沖縄のあれこれを教わった日々が、下敷きになっている。

 師匠Nさんのこと

 三年前にその師匠が亡くなってから、私はしばらく離れていた沖縄音楽のCDを引っぱり出して聴き返しながら、泡盛のロックをまた飲むようになった。
 何枚かのCDの中で一番好きなのが、この作品。


●「ハウリング・ウルフ」登川誠仁 (オーマガトキ)


Disc1
1、軍歌たべたいなあ(露営の歌/沖縄俗謡)
2、MC:なんでも食べたいな
3、戦後の嘆き
4、MC:忘れられない歌”
5、石川かぞえ歌
6、MC:米軍キャンプのピィーウィ
7、ペストパーキンママ
8、 MC:歌を習い言葉を知らず
9、新デンサ節
10、MC:作者の心をわかってほしい
11、とぅんばるなーくんにー
(富原宮古の根/沖縄本島北部民謡)
12、MC:大和口は出来ないけれど
13、緑の沖縄

Disc2
1、MC:早口言葉はおまかせ誠小
2、なりたい節
3、MC:「辻」の歌は肝どんどん
4、誠小の六調節
5、MC:耳泥棒と工工四
6、ヒヤミカチ節
7、MC:入れ歯は歌を上達させる??
8、あさどーや ゆんた(安里屋ユンタ)
9、アッチャメー小(沖縄民謡)

 一応、登川誠仁名義になっているが、実質は照屋林助との共作アルバムである。
 沖縄芸能の二大巨頭が、かけあい漫才のようなMCの合間に、厳選された唄を紹介する構成。
 極上のトークライブ、ディープな深夜ラジオのような趣向が素晴らし過ぎる!
 私はウチナーグチがほとんどわからないのだが、繰り返し聴き返すうちにじわじわMC内容が理解できてきた。
 芸の伝承と共に、それを今現在の生きた芸能として再生し続けることについて、抱腹絶倒のやりとりの中に、さらりと語られている。
 どのMCも良いのだが、中でもDisc2-05「耳泥棒と工工四」が凄い。
 誠小とてるりんの「巻物争奪戦」とも言える丁々発止の駆け引き、音と唄の盗み合いが語られている。

 収録曲の方も、いずれ劣らぬ粒ぞろい。
 もちろん沖縄民謡がメインだが、もっと広く融通無碍に引用、パロディ、リスペクトの世界が繰り広げられている。
 しみじみと「ああ、芸能ってこういうことなんだなあ」と味わえる選曲だ。
 あえて紹介するなら以下の曲を推したい。

●軍歌たべたいなあ(Disc1-01)
 Disc1一発目がこの曲というのが凄い!
 有名な「勝ってくるぞと勇ましく〜」の軍歌を改変し、徹底的に茶化し、兵隊を虫けらのように使いつぶす戦争を笑い殺す歌詞である。
 怒りを込めた生真面目な唄よりも、ときに「笑い」の方が深く怒りを表現し、強くプロテストすることがあるのだ。

●ペストパーキンママ(Disc1-07)
 戦後、米軍で働いていた登川誠仁が基地内で演奏されていたPistol Packin’Mamaを耳コピで憶え、三線弾き語りで歌った曲。
 出鱈目にもほどがあるインチキ英語ながら、神業のような三線テクニックで米兵を逆に熱狂させたという。
 由来も含めこの曲もまた、戦争を笑い殺す名演奏である。

 慰霊の日に泡盛をロックで飲みながら、このアルバムを聴き返す。
 ああ、またいつか沖縄の民謡酒場に行けるといいなあ。
posted by 九郎 at 23:20| Comment(0) | 沖縄 | 更新情報をチェックする