2018年07月01日

2018年7月の心と身体

 もう7月?
 今年半分終わり!?

 梅雨明け?
 確かにもうセミ鳴いてるけど。

 ……ぼちぼち行きます。

 2年前の鼠経ヘルニア入院騒動以来、ずっと体調は良い。
 持病だった腰痛や胃腸炎も、ほとんど出ていない。
 身体の方は堅調なのだが、理不尽がまかり通る現代ニッポンに、心の平衡を保つのに苦労している。

 こういう時は自分の原点に立ち返り、そこから外れないようにするのが良い。
 私は元弱視児童で、その頃感じた様々な事柄が、生きる上での基本になっている。

 最初の修行1
 最初の修行2
 最初の修行3
 最初の修行4

 中高生の頃は、カルト教団じみた超スパルタ受験校でサバイバルしてきた。

 青春ハルマゲドン

 そしてその後には、阪神淡路大震災のガチサバイバルが待っていた。

 阪神淡路大震災被災記
 以上のような成育歴を持っている私は、権力の肥大やカルト化、棄民の惨状には警戒心が強く働く。
 心の平衡を保つためには、あくまで「弱きを助け、強きをくじく」であろうと努め続けるしかないのだ。

 日々の暮らしに追われる中で、なかなか実践は難しいけれども、志だけは持ち続けたい。
 お地蔵さまとお不動さま、阿弥陀さまは、やはり心の杖となる。

jizo-10.jpg

2017-06-14.jpg

ba-08.jpg


 BGMは登川誠仁川口真由美THE冠で!
 ジャンルバラバラでも共通項は「反骨」!
posted by 九郎 at 14:47| Comment(0) | 身体との対話 | 更新情報をチェックする