2019年04月13日

ヤマザクラ2019

 先週末、恒例のヤマザクラ花見に行ってきた。
 昨年のスケッチでは、かなり色使いについて収穫があった。

 お花見2018
 お花見2018その2

 今年はどんな発見ができるだろうか。

sakura2019-01.jpg


 近辺で一番好きな樹で昼食と花見。

sakura2019-04.jpg


 人通りも少ない中、贅沢なひととき。

sakura2019-05.jpg


 桜だけではなく、早春の山では様々な花見が楽しめる。

sakura2019-06.jpg


 お気に入りのヤマザクラは、毎年モクレンと同時の開花が楽しめていたのだが、去年の台風からか、モクレンの方は倒れてしまっていた。
 コラボは今年で最後かもしれない。

sakura2019-07.jpg


 もちろんスケッチも。
 桜の季節の色合いは、明度を上げて、彩度はやや抑えて。
 緑が鮮やかになるのは桜の直後、葉桜から新緑にかけてなので、緑系は抑えめに。
 白い紙に水彩ならピンクはやや強め、影のパープルを少し効かせて。

sakura2019-03.jpg


 描いていて一つ気付いた。
 上記のような桜の季節の色彩は、そのまま桜餅の色合いだ!
 餅の中の餡の色は、桜の幹の暗色に似てる(笑)

sakura2019-08.jpg


 色々感じ取りながら、今年のヤマザクラのスケッチ完成。
 ピンクはスキャンや印刷で出にくく、意外と写真で撮った方が良いこともある。

sakura2019-02.jpg


 今年も良い花見、良いスケッチが出来たと思う。
posted by 九郎 at 18:47| Comment(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする