2020年06月30日

2020初夏のスケッチ

 6月に突入し、緊急事態&休校解除で生活はやや戻るも、最初は「ほんまに大丈夫なんかこれ?」という感じでした。
 少しずつ戻る日常の中、あらゆることをペースダウンでのらくらしていました。
 三か月に及ぶ自粛要請中、減収にも負けず、無能政権の人災にも負けず、子供らと大いに遊び学んだ日々。
 子供らの休校対応で大活躍した日々の反動で、完全に燃え尽き症候群に陥っていたわけです(苦笑)

 自粛明け対応が一段落した六月半ば、ようやく一息ついたので、近所のブドウの木で一枚。
 何年も前から気になっていて、やっと描けました!

2020sm01.jpg

 そして近場の公園で睡蓮を一枚。
 水面の奥行きが意外と難しく、手こずりました。

2020sm02.jpg

 一週間後、また別の公園で睡蓮スケッチ。
 午前中に見つけていて、昼からスケッチに行ってみたら見る間につぼんでいってしまいました……
 童謡「ひらいたひらいた」の歌詞を思い出しながら、「睡蓮は午前中!」という教訓を得ました!

2020sm03.jpg

 そして近場の滝でスケッチ。

 そもそも滝で、そもそも雨上がり。
 湿気が強くて鉛筆ののりが悪く、これも苦戦。
 その上また雨がぱらついて来て、やむ無く撤収。

 現地でなんとか空間はとれたので、後は写真を見ながら、描き過ぎないよう我慢しつつ、もう少し手を入れます。 
 写真では入りきらない滝壺以下の流れを入れた構図がミソ。

2020sm04.jpg

 今週は雨続きの様子。
 この雨が上がったら、そろそろ本格的な夏に突入するのでしょう。
 今年の夏は、ちょっと予測が立ちません!
posted by 九郎 at 21:30| Comment(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする