2008年07月27日

中陰和讃4 三七日

ano04.jpg


(「中陰和讃」続き)

三七日まもるは文殊菩薩
うづまき峠はてしなと
中陰途切れず供えある
日の立ちほどで越えるなり

(四七日に続く)


 浄土系中陰和讃、三七日の部分である。真言系のものも内容に大きな異同はないが、「うづまき峠」は「百八坂峠」になっている。
 三七日は十王説では宋帝王の審判、十三仏信仰では文殊菩薩の守護となるので、和讃の内容と一致している。
 この部分の「うづまき峠はてしなと」という言葉も、どういう状況を述べているのか明確ではないが、雰囲気はよく伝わってくる。
 ぐるぐると渦を巻くように彷徨ってしまう峠道で途方に暮れても、中陰の追善供養を途切れさせなければ「日の立ちほどで」抜けられると説いているのだろう。
posted by 九郎 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | あの世 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック