2009年09月21日

お彼岸2009

 多忙に紛れているうちにもうお彼岸入りしていた。
 23日の秋分の日を中日にした一週間が秋のお彼岸。
 今年は「シルバーウイーク」ともほぼ重なっている。
 近所で馴染みの柘榴の樹には、パンパンにふくらんだ実が重たげにぶら下がっている。

season-85.jpg


 ヒガンバナも気付いたときにはもう満開だ。
 ビルの谷間にわずかに残った田んぼの縁は、毎年見事な花壇と変わる。もしかしたらずっと昔、周囲が一面田んぼだった頃から続く株なのかもしれない。

season-86.jpg


 ヒガンバナは毎年同じ場所で咲く。
 どこかで咲いているのを見かけると、ついつい寄り道して毎年馴染みの場所を覗いてみたくなる。
 四年ほど前に気付いた「白いヒガンバナ」の何箇所かも、立ち寄って確かめてみたくなる。

season-88.jpg


season-87.jpg


 当ブログもそれなりの年月が重なってきた。
 ヒガンバナの記録が、毎年の九月の記事で、三年前まで確認できるのは楽しいことだ。

 2006年
 2007年
 2008年

 秋のお彼岸には、毎年ある海辺の情景を思い出す。
 お彼岸の落日にハナガフルという伝説の場所。
 そこで繰り広げられた歴史絵巻についても、そろそろ手を付けたいなあ……
posted by 九郎 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック