2009年12月02日

友よ、さらば

 先月、部屋の荷物整理をしていて、ボロボロになったリュックをようやく思い切って捨てた。
 肩紐が片方千切れかけていて、まだ何とか保っていたのだが、山行きを考えると不安な状態だった。

yamagoe001.jpg


 ここ十年以上、山に行くときは必ず背負って出かけたリュックだ。高価な品ではないが、まずまず頑丈で使いでがあり、私にとってはかけがえのない相棒だった。
 高野山や玉置山、熊野本宮や那智、新宮、葛城にも行ったし、友が島にも何度も出かけた。山ではないが、沖縄等への旅でもいつも背負っていた。
 山へ行き、野山に泊まると、それだけで結構「命がけ」の場面に出くわす。そんな場面でいつも使ってきた道具類には、やはりそれなりの愛着がわく。 私が使う道具はどれも安価ではあるが、注意深く「使える」ものばかり吟味してきた思い入れが深い。
 それでも道具はやはり道具。
 破損して使えなくなったものは、いずれ処分するしかない。

 古い友達に感謝を込めて、記事にしておく。
posted by 九郎 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊野 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック