2006年03月12日

地蔵菩薩の前世

jizo-02.jpg

 仏教では輪廻転生、生まれ変わり死に変わりの考え方が基本。
 仏典にはお釈迦様やその他様々の仏菩薩の前世譚が描かれており、おじぞうさまの前世もいくつか伝えられている。

 はるかな昔、二人の王様が対話していた。
 一人は「自分は仏になって衆生を救おう」と志し、もう一人は「自分は衆生を救わぬ内は仏にならない」と誓った。
 前者の王様が後に仏になり、後者の王様が後に地蔵菩薩になった…

 はるかな昔、亡き母が地獄に落ちたことを知った女が、このように誓った。
「地獄の全ての衆生が解脱するまでは、自分は成仏しない」
 この女が後の地蔵菩薩になった…

 どちらの前世譚にも、自分の成仏を一番後回しにして、衆生を救うと誓った菩薩の特徴がよくあらわれている。これがおじぞうさまの原風景。

【図像について】
 地蔵菩薩は通常、頭を丸めた僧の姿「声聞形(しょうもんぎょう)」で描かれるが、密教のマンダラの中では菩薩形で描かれることもある。
 菩薩形は、お釈迦様が王子であった頃の姿が基本になっており、アクセサリーで美しく身を飾っている。おじぞうさまの前世は、このような雰囲気であったのかもしれない。
posted by 九郎 at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 地蔵 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
折り紙に深くはまっていて偶然にこのページに当りました。人が亡くなった後いろいろと行事が有りはっきりと答えてくれる方はいませんでした。お地蔵様にしても学びました。貴殿は何者なのでしょうか?いまのところニューヨークの住民で年に2回は仕事で帰っています。今になって日本について学ぶ事がありすぎ下り坂を長くして欲しいと祈っています。魔だ全部読む時間がありませんが毎日少しずつこのページ開けて学ばさせて頂きます thank you!
Posted by sumako umezawa at 2009年08月25日 12:22
sumako umezawaさん、コメントありがとうございます。

私は祖父と父が僧侶で、神仏の絵を描く活動をしている者です。絵を描くために色々資料にあたったり聖地巡りをした覚書として、このブログを続けています。
折り紙の記事もいくつかありますので、よろしければ参照してくださいね。
Posted by 九郎 at 2009年08月27日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック