2006年03月18日

仏の時間軸

jizo-03.jpg

 仏教の世界観では「三時」という時間の流れが想定されている。諸説あるけれども、おおむね以下のようになる。

・お釈迦様の悟り(約2500年前)
   ↓
・「正法」…釈尊の教えが正しく伝えられる時代(500年間)
   ↓
・「像法」…法が形骸化する時代(500又は1000年間)
   ↓
・「末法」…法が滅びていく時代(10000年間)
   ↓
 無仏の時代(56億7千万年間)
   ↓
・弥勒菩薩が兜率天(とそつてん)から下生、成仏

 今は「末法の時代」の真っ只中。次にこの世に仏が出現するのは遥かな未来。次代の仏、弥勒菩薩は兜率天で長い長い夢を見ている。
 お釈迦様が悟りを開いてから約2500年の時が過ぎ去ったと言われるけれども、56億7千万年という気の遠くなるような時間は、四捨五入で少しも減ってくれない…
 生まれ変わり死に変わり、輪廻転生し続ければ、いつか仏と出会えるかもしれない。しかし今生きているこの人生では不可能だ。
 そんな空白の時代、衆生の救いを委ねられたのが地蔵菩薩。
 この濁世で現在活動中の救い主。
 菩薩であるが出家僧の姿をしているのは、身を飾る暇も無く救済のために駆けつけたためであるとも、我々に親しみやすく感じさせるためであるとも伝えられる。

【図像について】
 左から順に釈迦如来、地蔵菩薩、弥勒菩薩。
 それぞれ代表的な図像を元に作画。
posted by 九郎 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック