2017年04月03日

おりがみ origami 兜まとめ(2017最新版)

 当ブログでは毎年、年始あたりからおりがみ雛人形、三月頃から「おりがみ 兜」の検索結果から訪問される皆さんが増えてきます。
 ブログ本来のテーマ「神仏与太話」より、おりがみ等の工作作品の記事の方が人気があるのは少々フクザツな気分ですが、アクセスがあることを素直に喜んでおきましょう(笑)

 そろそろ五月人形の時期が近づいてきましたので、おりがみ兜のまとめ記事を再掲しておきます。

おりがみ兜
おりがみ兜の色々

おりがみ兜の色々2
 ↑この記事には、ネットで公開されているリアルな兜の折り方を紹介しています。
kabuto-11.jpg


おりがみ兜の色々3
 ↑この記事にも、ネットで公開されている兜の折り方を紹介しています。
kabuto-16.jpg


おりがみ兜の色々4
おりがみ兜の色々5
おりがみ兜の色々6
八咫烏の兜

 現時点でのお勧めは、2010年に紹介した前川淳さんの「飾り兜」になるでしょうか。

kabuto-18.jpg



●「本格折り紙―入門から上級まで」前川淳(日貿出版社)

 織田信長を苦しめた鉄砲集団雑賀衆が着用した雑賀鉢をテーマにした作品もあります。
おりがみ雑賀鉢(完結編)

kabuto-29.jpg


kabuto-30.jpg
 

 上杉謙信が使用したと伝えられる異形の兜はこちら。
 おりがみ「三宝荒神形張懸兜」

kabuto-33.jpg

 森蘭丸所用(?)の六字名号兜はこちら

kabuto-35.jpg


 謙信と蘭丸のネタ元になった鎧兜は、様々なムック本でも紹介されていますが、来歴にはかなり疑問があるようですね。
 一応そのあたりも留意しつつ、お楽しみください。

 去年の大河ネタ、真田幸村の兜はこちら

kabuto-37-02.jpg


 おりがみだけでなく、プラスチックの植木鉢を使った鎧兜の工作記事もあります。

 雛形工作:プラ鉢鎧兜
 プラ鉢鎧兜 制作覚書

 参考図書もご紹介。


●「戦国武将の時代折り紙」浜田勇(日貿出版社)
 有名どころの戦国武将の兜が、わりとリアルな最限度で網羅されています。難易度はやや高めか。
 兜だけでなく、「家紋と付き物」「雅な器」などの周辺の装飾品も充実しているので、紙を選んで揃えると、かなり豪華なセットにできそうです。

 ぜひ参照してみてくださいね!
posted by 九郎 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ブログ・マップ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、昨日は拙ブログにて、甲冑クラフトについて御教示下さり有り難うございました。

折り紙兜、どれも凄いですね!
1枚の紙からこんなに見事な形が出来上がるとは・・・!
お子さんのいらっしゃるお家では、是非被れるサイズで作ってあげて欲しいですね。
雑賀鉢のは大人が被っても見栄えがしそうです。
日本の甲冑デザインの秀逸さを改めて感じました。
Posted by 成瀬尋古 at 2012年05月02日 16:04
成瀬尋古さん、コメントありがとうございます。

これまで本などを見ながら色々折ってきて、今年の「雑賀鉢」で、ようやくちょっとだけオリジナルが折れるようになってきた気がします。

鎧の方もおりがみで作れると良いんですけど、まだ研究中です。
いずれ全身像の五月人形を折ってみたいですね。
Posted by 九郎 at 2012年05月03日 01:40
すごい兜ですが折り方が載ってないないのですね。残念です。
Posted by ひろ at 2015年04月08日 08:22
ひろさん、コメントありがとうございます。
記事中の作例のうちいくつかの折り方はネットで公開されていますし、参考書籍にも載っていますよ。

この機会に、おりがみの折り方のネット公開について、私の考えを書いておきたいと思います。

基本的な伝承折り以外のオリジナル作品については、折り方自体が作者の大切な財産ですし、
難易度の高いものは、ある程度以上の技量を持った人を対象に直接指導しなければ、再現するのは困難です。

ネット公開には馴染まない分野というものは、あると思います。
Posted by 九郎 at 2015年04月08日 22:21
始めまして
兜折り紙を検索して貴方のブログを拝見いたしました。オリガミ兜だけでも沢山の折り方が有るのを知りました。図面も公開して頂ければと思います。上杉謙信の兜は凄い!!
Posted by 加藤錠治 at 2015年04月17日 16:30
加藤錠治さん、コメントありがとうございます。

こちらのブログで紹介している兜の作例は、書籍や他サイトで公開されている折り方、またはそのアレンジが中心です。
私が独自に公開できる性質のものではありませんので、それぞれの記事で紹介している書籍やサイトを参照してください。
Posted by 九郎 at 2015年04月17日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189306158

この記事へのトラックバック