2011年03月15日

地球は泣かない

 以前にも一度、似たようなことを書いたことがあるが、私は「地球が泣いている」というような表現があまり好きではない。
 地球は泣きもしないし怒りもしない。
 ただそこにあり、自然界の法則に従って変化しているだけであって、地震も津波もあるときにはある。
 人間はそれも含めて、地球に「間借り」させてもらうしかない。

 よく使われる「地球環境の破壊」と言う表現はしょせん人間本位のものであって、人間が破壊しているのは「人間にとって都合の良い環境」だ。それは「害虫・益虫」という表現と同種の発想で、虫自体には本来「害」も「益」も無い。
 今後地球環境が人間の手によって、人間にとっての地獄と化そうとも、地球は急に消滅してしまったりすることなく、ずっと長く付き合ってくれるだろう。その「人間にとっての地獄」の中で、人間を含めた生物を育む事を止めたりはしない。地獄で活動し最後までつきあってくれる唯一の仏・地蔵菩薩と同じく。

 今回の震災の被害を「天罰だ」と表現した者がいるらしい。
 別に人類の中にそういう人間がいて悪いわけではないが、その人間は作家で、政治においても責任ある立場であるということだ。
 天変地異を人の徳性と結び付けて考えるのは、仏教でも他の宗教でも史上いくらでもやってきていることで、珍しいことではない。

 ただ、私はやっぱり嫌いだ。
 内心で思ったとしても、このタイミングでこの発言をメディアにのせる神経は、信じ難い。
 良い悪いは言わない。
 ただ、嫌いだ。
 もっと言えば、正直「おまえが天罰で死ね」と思う。
 しかし、そんなに都合よく天罰とやらは下らない。

 良かったな、糞爺。

jizo-32.jpg
posted by 九郎 at 01:27| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御師匠様:ご無沙汰していますがプログ読ませていただいていす。此処(NY)でリビアの悲惨のニュースに怒りつずいてわが国の悲惨に呆然としています、貴殿さまの書かれていること同意いたします。1年半まえに日本に帰ったとき。特別番組で東京とNYに地震が何時でも来る状態とあり、どうしてそのときのための対策をしなかったのかと思います。友達に聞きましたー(天罰)と言った政治家、その心は?之も怒りますよ〜〜。TVジャパンで私も時間のある限り毎日毎夜情報についていってますが辛いです. すーじー
Posted by sumako umezawa at 2011年03月23日 00:50
sumakoさん、お久しぶりです。

今回の大震災と原発事故は、海外でも大きく報道されているようですね。
ただ、日本国内では特に原発事故について、かなり報道が規制されているように感じています。
私は直接の被害を受けておりませんが、以前の阪神大震災を被災しておりますので、自分の経験と照らし合わせながら、与えられた情報を鵜呑みにするのではなく、自分なりによく考えて行きたいと思っています。

またおりがみの記事などを、穏やかな気持ちで投稿できるようになることを、心から希望しています。
Posted by 九郎 at 2011年03月23日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック