2011年03月16日

良き家庭人が人を殺める

 日を追うごとに、福島の原発震災が深刻度を増している。
 震災当日から、とくに関連ニュースに注意を払ってきたが、もう「いたずらに不安を煽るな」などという次元ではなくなっていると思うので、私は私で当ブログにアクセスする200人前後の皆さんにむけて、思うところを一人称で書きとめておく。

 まず福島で何が起こっているかについては、一度紹介した以下の本が参考になる。

●「原子炉時限爆弾」広瀬隆(ダイヤモンド社)
 昨年刊行された本だが、巨大地震や津波による原発施設の破壊、冷却水の消失や、その後の被害等について、ここ数日起こっていることがほとんどそのまま描写されているように感じる。
 壊滅的な事故が起こってしまった今となってはむなしい限りだが、それでも今現在何が進行しているのか知りたい人、なぜこうなったのかを知りたい人は、ぜひ手に取ってみてほしい。


 原発震災の関連ニュースを見聞きしていて、心の底からうんざりしたことがある。
 それは政府や東電関係者が度々口にする「事象」という言葉だ。
 以前にも原発でトラブルがあった時に関係者が度々口にし、記者連中に「事象って何ですか! 事故じゃないんですか!」と突っ込まれていた記憶があるのだが、今回は誰もこの言葉に対して突っ込まない。
 言葉一つにこだわっていられないほど切羽詰まった報道陣と、そんな絶望的な状況の中ですらかたくなに「事故」を「事象」と言い換え続ける関係者達。
 爆発前の映像ばかり流して、無残に破壊された原子炉建屋をなかなか放送しないTV局。
 私はこのような者たちが口にする「人体にただちに被害が生じることはありません」という言葉を、基本的に信用することはできない。

 これまで日本で発生してきた公害や巨大災害、原子力事故の経緯を思い返すと、「加害者」にあたる側が「被害者」にあたる側に正確な情報をよこすことは、およそ望めないと考えられる。
 被害情報は過少に申告し、被害者認定は極めて厳しくし、多人数の被害者は横のつながりを断たれ、分断・孤立化され、差別の構図を押し付けられ、補償は極限まで切り詰められるだろう。

 ちなみに今回の震災被災者を「天罰」と表現した輩は、過去に水俣病の被害者に対して、責任者でありながら極めて差別的、侮蔑的なふるまいを続けた当人でもある。

 連日、原発震災の関連ニュースで、見るだに不快な責任回避の言動を続ける東電関係者諸氏は
、現在進行形で原発の周辺住民の皆さんの生活と健康を徹底的に破壊しつづけている。
 それを罵倒することは容易いのだが、やりきれないのは彼らにも守るべき家庭があり、健康があることだ。
 彼らはそれぞれの職責に忠実であることで家庭を守り続けてきたのであって、その点は今避難所で地獄を見せられている被災者の皆さんと何ら変わることは無い。ましてや事故現場で文字通り生命を削りながら事態の打開を模索している作業員の皆さんを責めることなどできるはずもない。
 家庭を守るために懸命に働いてきた結果が、多数の人々を地獄に叩き落とし、今後も責め苦を味わわせ続けることになってしまうことについて、彼らがあれこれ苦悩せぬはずはない。

「なぜこんなことになってしまったのか」

 電力を湯水のように浪費してきた私の両手もまた、綺麗なままではない。

eq001.jpg
posted by 九郎 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック