2006年06月25日

神々の合体3 後戸の神

 伝教大師最澄の開いた天台宗の、第三代座主・慈覚大師円仁。
 密教の奥義を求めて入唐し、約十年の滞在後、帰国。その帰国途上の船中で、彼は謎の神を感得した。その神「摩多羅神(またらじん)」は、円仁に「我は障碍の神、我を崇敬しないならば往生は遂げられぬ」と告げたと言う。後に延暦寺常行三昧堂の守護神として祀られた。
 念仏や阿弥陀経の守護神にして、敬わない者の往生を妨げる神。念仏会には本尊の後戸に祀られる秘密の神…
  
dk-16.jpg

 上方には北斗七星。
 一説によると衆生はここから生まれ、ここへ還ると言う。
 雲間の下、竹林の中の図像中央には、狩衣姿の異形の神。
 笑み崩れつつ、椅子に座って鼓を打つ。
 神の鼓に合わせるように、下方には楽しげに踊る二人の童子。
 左の童子は丁礼多(ていれいた)、右の童子は爾子多(にした)。
 二人の童子は両手に茗荷と笹を持ち、忘我の体で踊り狂う。
 左の童子が「シシリシニ、シシリシ」と唄えば、
 右の童子は「ソソロソニ、ソソロソ」と唄う。
 なにやらアヤシイ意味ありげな囃し言葉…

 この摩多羅神、後に大黒天と同体とされるようになった。例によって「摩多羅」と「摩訶迦羅(まかから=マハーカーラ)の名前の類似が、一般的な説明として紹介されている。
 またこの摩多羅神が人々の往生にあたって肝を要求することから、同種のエピソードを有する荼吉尼天(だきにてん)とも繋がる。
 図像的には「鼓」「踊り」の要素は、シヴァとも通ずるものがある。

 この摩多羅神を本尊とする一部の儀式、江戸時代には邪教として禁止されるようになったと言う…
posted by 九郎 at 17:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 大黒 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 管理人様

いつぞやは、地蔵菩薩のことでは失礼いたしました。

さて、今回ご紹介の「後戸の神」について、拙僧も考えたことがございます。TBいたしますが、お暇なときにでも、ご意見等頂戴できれば幸いでございます。合掌。
Posted by tenjin95 at 2006年06月25日 20:46
>tenjin95さん

 TB&コメントありがとうございました。
 本職の方に見てもらってるのがわかると、励みになりますね(笑)
 以前おじぞうさまでTBをいただいて以来、そちらのブログもよく閲覧させてもらっています。
Posted by 九郎 at 2006年06月25日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

後戸の護法神
Excerpt: 曹洞宗の寺院であれば、大概どの寺院でも「招宝七郎大権修理菩薩(以下「大権さん」と略記)」を伽藍と正法の護持神としてお祀りされていることが多いと思います。拙僧の寺でも同様です。これにはそれなりの理由があ..
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2006-06-25 20:46