2011年10月24日

子供時代の妄想2

 前回の「蝙蝠の卵」は小学生低学年ごろの記憶だと思うが、今回はもっと小さい頃、おそらく幼稚園児の頃の妄想記憶である。

●ジャンボジェット機は引退すると新幹線になると思っていた。

 このネタがそのまま理解してもらえるか、補足説明が必要であるかで、読み手の世代が分かりそうだ。
 私が子供の頃、「新幹線」と言えば何といっても0系ひかり号だった。
 ジャンボジェット機そっくりの顔立ちで、普通の電車を超える「超特急」だったことから、子どもなりに「飛ぶのに疲れた飛行機は、羽根を外して新幹線になる」と妄想していたらしい。
 実際は大きさが全く違うのだが、そこは子供の限界。
 
 現在、0系新幹線はもう完全引退したのだったっけ?
 あのジェット機のような風貌は、200系あたりに受け継がれているが、あれはちょっと人相が悪いからなあ……
 300系のシンプルな顔立ちや、500系のシャープな顔立ちに思い入れがある年代もあるだろうし、今の子供は「新幹線」と言えば、700系のカモノハシっぽい顔を思い浮かべるだろう。


 そう言えば、プラレールアドバンスという玩具が発売されたそうで、ちょっと気になっていた。



 プラレールのあの青いレールがそのまま複線レールとして使用でき、通常のプラレールよりも小さくて精密な車両が走行させられるという。
 発想はすごくいい。
 かなり期待してamazonのレビューをのぞいてみると、酷く評判が悪い。
 子供のおもちゃとしては脱線し易すぎるということだ。
 コンセプトとしては面白いので、今後タカラトミーの技術力を結集して改良に取り組み、軌道に乗せてほしいシリーズだ。
posted by 九郎 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 原風景 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック