2012年01月17日

カテゴリ「90年代」再試行

 一年前、カテゴリ90年代をスタートさせ、95年の阪神淡路大震災の被災体験について、語り始めていた。
 その時は特別な理由もなく、なんとなく「そろそろ書かなければ」「今書いとかないと」と感じてスタートさせたのだが、しばらく続けてみると当時の記憶が「体感」として蘇ってきて、書くごとにしんどくなってきた。
 小休止してからまた再開しようと思っていたら、3.11が起こってしまい、それどころではなくなってしまった。
 2011年を過ごしながら、「なんとなく1995年に似た雰囲気のある年だな」と思っていた。
 1995年は私にとって、日本にとって、転換期になった年だったと思うのだが、2011年はそれを更に拡大した節目になると感じている。

 1995年と2011年の類似については、鈴木邦男さんのブログにも詳細に述べられている。
 当時の、まさに当事者だった人の感じ方には、やはり重みがある。

 今日は1月17日。
 また阪神淡路大震災の日が巡ってきた。
 どこまで書けるかわからないが、もう一度、自分の震災体験について語り始めてみようと思う。

90-06.jpg


【過去記事】
GUREN1
GUREN2
GUREN3
GUREN4
posted by 九郎 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック