2012年02月17日

「おりがみ歳時記(春)」内裏雛立体化

 先日、おりがみ雛人形2008という記事に寄せていただいたコメントへの返信の中で、うっかり間違った内容を書いてしまいました。

 私の返信の中で「おりがみ歳時記(春)」に「創作おりがみ」と同じ折り方が載っていると紹介してしまったのですが、確認したところ、完成品の見た目は似ているけれども違う折り方でした。
 嘘を教えてしまって大変申し訳ありません。

 「おりがみ歳時記(春)」の方の折り方でも、立体風にすることは可能ですが、袖口の所が、拙ブログの作例とは違った造りになります。
 以下に、立体化の手順を紹介しておきます。

 千代紙風のおりがみ(100均でも入手可)から着物の表裏の図柄を選び、おりがみの白い方同士を重ねた状態で折ります。
 下部は開口するようにして下さい。

hina2012-01.jpg


 同じ大きさ、色違いのおりがみで、伝承の「奴さんの袴」を折ります。

hina2012-02.jpg


 座った状態になるように、折って形を整えます。

hina2012-03.jpg


 後ろから見ると、こうなります。

hina2012-04.jpg


 そのパーツを台座にして、最初に作った着物を、下の部分を広げて載せます。

hina2012-05.jpg


 後姿はこうなります。

hina2012-06.jpg


 これに、頭部や扇子などを付ければ、当ブログで作っている雛人形と近い状態になると思います。

hina2012-07.jpg


 今回は和紙や透明樹脂を使わず、入手しやすいおりがみを折るだけでできる(各所ののり付けは必要)立体風アレンジを紹介してみました。
 道具も手間も、小学校の図工程度で出来ます。
 よろしければ参考にして下さい。


 おりがみ雛人形に関する記事は、以下にまとめてあります。
 おりがみ雛人形まとめ
posted by 九郎 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 紙(カミ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック