2012年09月28日

空にそびえる鉄の城1

 上のタイトルを「くろがねのしろ」と読める人向けの記事である(笑)
 今年は「マジンガ―Z生誕40周年」だそうで、各種企画が進行している。
 この作品がなければ、日本が世界に誇るスーパーロボット文化は存在しなかったかもしれない。
 闘うロボットを主役にした作品は「鉄腕アトム」や「鉄人28号」などの方が先行しているが、人間が乗りこんで操縦するタイプの巨大戦闘ロボットは、「Z」が嚆矢になるだろう。
 そもそも「スーパーロボット」という言葉も、アニメ「Z」の主題歌に登場したのが最初ではないだろうか?

 永井豪信者を自負する私としては、ここは一枚描いておかなければならないだろう。

majin-z-01.jpg


 記憶を頼りにその場のノリでざっくり描いてみたので、細部は怪しいかもしれない(笑)

 Zの関連グッズは今までに数限りなく出ているが、何年か前にプラモ売り場で見かけて以来、買おうかどうか迷い続けているものがある。


●「ベストメカコレクション マジンガーZ」バンダイ

 このプラモ、特筆すべきは、マジンガ―Zがロケットパンチに変形するのである!
 ↑上の文章、予備知識のない人が読むと意味がわからず、タイプミスではないかと疑うだろうが、本当に文字通り「Zがロケットパンチに変形する」のだ!
 とりあえず商品リンク先の写真を観てもらえれば、何を書いているか理解してもらえると思う。
 マジンガ―zの使う強力な武器は多数あるが、見た目とネーミングのド派手さから一番印象に残るのは「ロケットパンチ」だろう。
 今回イラストを描くにあたっても、「やっぱりロケットパンチを描かんとな」と思った。
 Zの象徴ともいうべきロケットパンチに、Z自体が変形するというぶっ飛んだ発想に、店頭でノックアウトされてしまった。
 そろそろ買いか。

 同様のギミックを持った商品としてはプラモじゃなくて「超合金」もあるのだが、こちらはちょっと高すぎてさすがに手が出せない。。。

posted by 九郎 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 神仏絵図覚書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック