2006年12月22日

和紙

 おりがみや切り絵にはよく和紙を使う。
 洋紙に無い和紙の特徴としては、強靭さと、独特の肌触りがある。不規則に絡みあった繊維質が、この二つの特徴を生んでいる。

 このブログでは以前、和紙で折ったおりがみ作品をいくつか紹介したが、切り絵「極楽往生源大夫」にも、和紙を使用している。カテゴリ「今昔物語」でアップした画像はサイズが小さかったので、和紙の肌触りまでは伝わりにくかったと思うので、ためしに(部分的に)実物大に近いサイズで表示できるようにしてみよう。

wasi-01.jpg

 切り絵の場合は、本来このように、紙の重なり具合まで見える大きさで見るのがお勧めなのだが、ネット上ではなかなか難しい。
 
 最近カテゴリ「原風景」でアップした絵も、和紙による貼り絵で制作した。私が幼い頃を過ごした祖父母宅周辺を描いたものだ。

wasi-02.JPG

 この貼り絵は縦60cm×横90cmの比較的大きなサイズで、デジカメ撮影後、補整した。そうとう縮小した画像だが、それでも紙の厚みは各所に見えている。このあたりが和紙という素材そのものの持つ力だ。
 この作品も部分的に拡大してみよう。

wasi-03.jpg

 私は最近作のほとんどをCGで制作しているが、元々はアナログ志向が強い。画材店やホームセンターに行ったときには、色々な素材を手にとっては、あれこれ使い道を考えている。
posted by 九郎 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 紙(カミ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック