2007年02月21日

晴明神社

 北野天満宮に早咲きの梅を見に行った日、足を伸ばしてもう一つの神社に参拝してきた。

ab-01.jpg

 今はもう、ごく普通の橋にしか見えない「一条戻橋」のほど近く、五芒星ののぼりを目印に進むと、その神社はある。

ab-02.jpg

 陰陽師・安倍晴明を祀る晴明神社である。

 昔の戻橋は境内に保存されている。
 晴明伝説を再現した式神像とともに。

ab-03.jpg

 奥に見えるコンテナ状のものは、神社公認のグッズ販売所。

 神社の隣には、非公認(?)のグッズ販売店もある。

ab-04.jpg

 境内には他に、イラストで晴明伝説を略述したパネル展示があり、↓このようなものもある。

ab-05.jpg

 現代における陰陽師人気の高さがうかがわれる。

 天満宮とともに参拝したのは、晴明伝説の中に菅公の怨霊を鎮めたエピソードがあるからだ。平安朝最強の怨霊を見事鎮めた伝説は、時代的には一致しているが、史実かどうかは不明。
 安倍晴明は実在の人物だが、多くの架空の物語を背負っている。背負えるだけの素養を持った人物であった、という表現も出来る。
 そして、物語の中での晴明の、怪しの力の源泉と目されたのが、「金烏玉兎」という書物なのだ。
posted by 九郎 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 金烏玉兎 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック