2013年06月10日

90年代のスケッチin熊野

 荷物整理をしていたら、むかし熊野で描いたスケッチのコピーが出てきた。
 おそらく90年代後半のもの。
 たしか水彩の絵はがき用紙に、筆ペン、薄墨筆ペン、水筆使用。
 遍路の合間、熊野本宮や新宮周辺で一息ついている時、知人向けに描いたものだ。
 当時はそんな風に出した旅の便りが結構あったのだが、近くにコピー機があった場合は一応記録として残しておいたと記憶している。

 本宮旧社地、大斎原。
 まだ巨大鳥居が無く、静かな雰囲気だった頃の風景。

kumano-17.jpg


 那智の浜から見た夜明けの海。

kumano-18.jpg


 おそらく新宮の王子ヶ浜。

kumano-19.jpg


 最後の一枚は、コピーではなく原画が残っていた。
 新宮の阿須賀神社裏にある蓬莱山を、熊野川方向から眺めたもの。

kumano-20.jpg


 遍路に疲れ果てている中、わざわざ描いてしまうだけあって、いずれも大好きな場所ばかりだ。
 今度熊野に行けるのはいつの日か……
posted by 九郎 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊野 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック