2014年01月28日

「本来の教え」というフィクション

 前回記事で、よく使われる「日本人本来の食」という表現は、一種の「神話」なのではないかという考え方について取り上げたが、似たようなケースは他の分野でもけっこうありそうなので、覚書に残しておく。

 例えば宗教。
 宗教、宗派に関わらず、改革や中興が行われる時にはしばしば「復古運動」の形が取られる。
 前回記事の「食」のテーマでも触れた日本神話も、歴史上のどの時点をスタンダードとするかで様々な考え方が可能だ。
 一応「記紀神話」が日本古来のものとされることが多いが、それは近世になって以降の、国学〜復古神道〜国家神道という一連の流れをくんだ発想だ。
 純粋な本来の神道というものが、歴史上のどこかの時点に存在したわけではない。
 事実だけ視るならば、古事記・日本書紀は成立当時有力だった各氏族の伝承を(かなり政治的に)集大成した「新たな神話大系」だ。
 国家神道にいたっては「きわめて短期間で破綻した近代日本の新興宗教」でしかなく、史実ではありえない神話を現実の天皇制に仮託して強引に「復古」し、その結果国を滅ぼした官製カルト宗教だと言う見方だってできる。
 実際の庶民の信仰では雑多な神仏習合の時代の方がはるかに長いし、長さだけで言うなら記紀よりはるか以前から続いたアニミズムこそが「本来の姿」ということになる。
(念の為に書いておくと、私は記紀神話自体は好きだし価値があると思っている。国家神道が一種のカルト宗教だったと評価しているだけである)

 仏教で言えば、最近は原始仏教が「釈迦本来の教え」ということで脚光を浴びることが多い。
 お釈迦様在世当時の仏教のあり方を、学問的にきちんと研究することにはもちろん価値がある。
 お釈迦さまに比較的年代の近い原始仏典からある程度推定することは可能だろう。
 しかし、そうした研究成果や現代の上座部仏教の教説の中から、現代人の眼から見て理解しやすい合理的なお釈迦様の姿だけを抽出するのは、それはそれで新たな神話の創作にすぎない。
 原始仏教を盾にとり、お釈迦様がまるで唯物論、無神論者であったかのような自説を開陳する論者もいるけれども、原始仏典を素直に読む限りそんなことはない。
 お釈迦様と言えども約2500年前のインドの思想・世界観をベースに教えを説いたのであって、原始仏典には神も悪魔も輪廻転生も登場する。
(輪廻する主体は何であるかという議論もあるけれども、ここでは立ち入らない)
 お釈迦様はそうした神も悪魔も輪廻も、そしてこの物質世界もひっくるめて「迷いの世界であり、実体がない」としたのであって、少なくとも現代人が考えるような無神論、唯物論ではないと、私は理解している。

 それぞれの時代、それぞれの地域で、それこそお釈迦様の精神を活かすために、仏教は姿を変えてきた。
 お釈迦様の教えのうちの衆生済度の面を強調すれば大乗仏教となり、密教となるだろうし、日本独自の展開と捉えられることの多い鎌倉仏教諸宗派にも、それぞれに「釈尊の精神に帰れ」という一面はあったのだ。
posted by 九郎 at 20:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 神仏絵図覚書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 管理人様

「我が意を得たり」という記事をアップして戴き、ありがとうございます。

拙僧も、管理人様御指摘の通り、「本来の教え」というのは、一種の幻想で、やはり前世紀流行した「原理主義」への憧憬であろうと思っています。

例で挙げられている、原始仏教についても、もしそれが本当に優れていたのであれば、歴史的に埋没する可能性はなかったはずです。結局、原理主義の力を借りてでないと浮上ができなかったのは、結局、進化論的発想ですが、原始仏教には生き残っていく力が無かったというべきなのです。そして、大乗仏教が生まれ、南方仏教(こちらも、釈迦直伝、という主張をしますが、それもまた幻想に過ぎません。彼らが依拠するパーリ三蔵は、12世紀以降の確定)が生まれたわけです。

原理主義の言説が持つロマン主義的発想が、本気で否定されることが、「本来の教え」幻想から逃れる、1つの手段だろうと思っております。
Posted by tenjin95 at 2014年01月29日 06:56
tenjin95さん、コメントありがとうございます。

私も岩波文庫などで原始仏典を読むのは好きなんですけど、日本仏教と原始仏教を比較して、その相違点だけあげつらって「だからダメなんだ」と批判している人を見ると、ちょっとうんざりしますね。
 仏教が姿を変えてきた必然性もちゃんとおさえた上での批判ならいいのですが、単純に「違うからダメ」と言うのはいただけません。
Posted by 九郎 at 2014年01月29日 09:49
> 管理人様

それから、中村元氏を始めとして、あの時代の仏教学者に、日本伝統の国学・儒学が反仏教という名目で保持し得た疑似合理主義が影響していた可能性に、そろそろ仏教学者は反省すべきだと拙僧は考えており(部分的にそれは始まっています)、その人達が訳した文献自体、その方々のドグマによって歪んでいる可能性もあります。或いは、訳したときの語義決定方法なども同様です。

結局、先のコメントではちょっと伝わらなかったかもしれませんが、或る一時期(そして今も)語られる「本来の教え」というのは、それを語る人達の独断で作られた可能性があるのです。拙僧はそれを危惧しています。
Posted by tenjin95 at 2014年02月01日 06:07
tenjin95さん、コメントありがとうございます。

国学から国家神道への流れと、その過程で起こった廃仏毀釈については多少勉強していたのですが、その後の仏教学者への影響という視点については、認識していませんでした。
今後、再読する時には注意してみたいと思います。
Posted by 九郎 at 2014年02月03日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック