2014年02月11日

サンマの丸干し

 近所で開かれていた物産展で、サンマの丸干しを見つけた。
 名前の通りサンマの干物で、一般的な「開き」ではなく、イワシなどのようにそのまま干してある。
 あまり有名ではないかもしれないが、熊野の名産である。
 サンマの脂がうまみに変わって凝縮されているような感じがして大好物なのだが、ご当地以外で見かけることは少ない。
 物産展などでもなかなか見かけないので、たまに発見した時は即買いする。
 今回は三重県産のもののようだ。
 熊野は和歌山、奈良、三重の南部にまたがっているのだ。

kumano-21.JPG


 五匹で400円。
 昔、和歌山県南部のスーパーで買ったときは1匹100円〜200円くらいだった記憶があるので、けっこう安い。
 今回ゲットしたものは、少ししっとり加減の干し具合だった。
 欲を言えばもっと干し上げたものの方が好きなのだが、この際ぜいたくは言えない。

 いただくときには、表皮が金色っぽくなるぐらいにあぶると美味い。
 味が凝縮されている分、ちょっと塩辛い。
 ご飯のおかずに最高なのだが、最近の私は糖質制限中なので、酒のあてにする。
 酒も、ビールなら糖質カットのものがあるし、焼酎なら元々問題ない。

 サンマの丸干し、お勧めです。
 干物好きの皆さんは、どこかで見かけたら一度はお試しを。
posted by 九郎 at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 熊野 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、本日2回目のご訪問です。サンマの丸干しPR有り難う御座います。私は熊野の花の窟近くに生まれ、一時、義父がやっていた魚加工業の手伝いをしており、サンマ丸干し作りに従事していたことがあります。七里御浜に竹柵に塩もみしたサンマを吊るし天日干しです。浜を歩き波から塩水を汲んだり重労働です(天日ものはビニール紐でくくり、機械干しは尾に鉄針を刺すので穴が開いていて区別がつきます)三陸から南下して冬に熊野沖で棒受け網にかかるサンマは脂が抜けているから丸干しにもサンマすしにもなります。美味しいですが塩分過多にもご注意を(笑)
Posted by みの吉 at 2014年02月14日 14:06
みの吉さん、サンマの丸干しの見分け方を教えていただいてありがとうございます。
今回のは残念ながら機械干しだったようですが、美味しくいただきました。


私は一時期、毎年のように熊野に行っていたことがあって、花の窟にもたぶん3回以上は行きました。
七里御浜をぶらぶら歩いたのもいい思い出で、またいずれ記事にしてみたいと思っています。
Posted by 九郎 at 2014年02月16日 02:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック