2007年05月03日

おりがみ兜

 5月5日はこどもの日。
 この時期になると、おりがみの兜を思い出す。幼稚園児にも可能な簡単なおり方で、シンプルながら兜の雰囲気をよく再現した作品が完成する。
 新聞紙などで折ると、実際かぶれるものが出来るのもいい。
 伝承おりがみの持つ魅力だ。

kabuto-01.jpg


 この伝承おりがみでも十分なのだが、大人になると「もうちょっとリアルなのが出来んかな?」などと邪念が沸き起こってくる。手持ちのおりがみ本の中に、良いお手本はないものかと探してみると、中々かっこいいお手本が見つかった。


●「変わりおりがみ」杉村卓二著(保育社カラーブックス)

 この本の中に収録されている兜のおり方は、本のタイトルの通りちょっと変わっている。
 対角線の長さが1:2の菱形の紙から作成する兜は、クワガタの部分がすっと伸び、烏帽子型の鉢がかっこいい逸品だ。


 多少自分なりのアレンジを加えて折ってみた。

kabuto-02.jpg


 対角線が25cm:12.5cmの紙で折ると、手のひらサイズの作品が完成した。80cm:40cm〜100cm:50cmぐらいの紙で折れば、大人がかぶれるものが出来そうだ。
 裏打ちした和紙で作り、樹脂で固めれば、更にリアルに仕上がるだろう。

 戦国時代の兜や陣笠は、鉄ばかりでなく、漆で固めた和紙製のものもあったらしい。軽く、強度もあるので足軽クラスの武装には和紙もよく使われたそうだ。

 おりがみ兜とはいえ、がっちり作れば本物っぽいものが出来そうな気がする。
 今年は間に合わないが、来年の5月に向けて、ちょっと考えてみよう……

 これまでのおりがみ兜のまとめ記事はこちらです。
posted by 九郎 at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 紙(カミ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 管理人様

直接関係ないのですが、最近「ターバン野口」というお札折り紙が流行っていますけれども、折り紙は素晴らしい文化ですので、色々な新しい技術が出来てくることを期待しています。
Posted by tenjin95 at 2007年05月04日 07:02
tenjin95さん、コメントありがとうございます。
「ターバン野口」は本屋で見かけて笑ってしまいましたよ!
検索してみるとサイトもあるんですね。

折り紙の世界も幅が広くて、タレントの松尾貴史さんは「おりがお」という折り紙の似顔絵を制作なさってたりします。

私には完全オリジナルは無理なので、新技術を開発できる人は本当に凄いと思います。
Posted by 九郎 at 2007年05月05日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40676229

この記事へのトラックバック