2016年03月05日

犬の気持ち

 夢を見た。

 とにかく犬の気持ちになってみないとはじまらない。
 ということで、校門から駅まで四つん這いで帰ることになった。
 アスファルトやコンクリート舗装が、両手両膝をゴツゴツザラザラと削る。
 痛い。
 母親に連れられた乳幼児がよたよた歩いている。
 目線の高さが同じのオレに反応し、喜んで「あう〜」とか言いながらにじり寄ってくる。

ud22.jpg


 うるさい。
 オレにかまうな。
 重大な用事の途中なのだ。
 何とかしろと母親を見るが、ママ友とのおしゃべりに夢中で気付いていない。
 オレは犬らしく道路端を通っているのだが、すぐ横は1メートルほどの段差で、下は田んぼになっている。
 乳幼児はアホなので「あぶないなあ、落ちそうだなあ」と危機感を持っていると、案の定足を踏み外す。
 あぶない!
 とっさに両手を伸ばして抱きとめる。
 しまった。
 犬なのに手を出してしまった。
 アホな乳幼児とアホな母親のせいで、大変無念なことになってしまった。
 ようやく異変に気付いた母親が駆け寄ってくる。
 礼などを言われるが、オレは犬なのでわからないし、無関係だ。
 はやく向こうへ行け。
 乳幼児は犬であるオレが気に入ってしまったらしく、隣をよたよた歩きたがる。
 非常に不本意である。
 犬のオレのしぐさを真似て、あちこちの草を嗅ぎまわったり、電柱にこだわったりしている。
 アホなので、土を口に入れたりしている。
 オレは犬とは言ってもあくまでフリなので、そんな汚いことはしない。

 曲がり角の地蔵の所にさしかかる。
 いつのまにか地蔵の数が増えており、中には明らかにプラモが混じっている。
 仏像のプラモというのは前から欲しかったのだが、ここに混入しているものはあまりデキが良くない。
 こんなのなら要らない。
 古い街道筋で、左手が墓場になっている。
 墓場は最近リニューアルされて現代風になった。
 なんだか小奇麗な公園みたいで、ペラペラな感じだ。
 鐘もクリスマスベルみたいだ。
 こんな墓には入りたくない。
 ただ、入口付近の舗装は気に入った。
 一見普通のアスファルトだが、非常に柔らかく、手にも膝にもフワフワと優しい。
 風呂場のマットの冷たくないやつみたいだ。
 オレより先に犬として出発した友人たちも、みんなこの舗装の虜になってゴロゴロたむろしている。
posted by 九郎 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック